釣研2019年の新作ウキ一覧

釣研2019年の新作ウキ一覧

釣研から2019年に発売された新作のウキを集めて紹介します。

西海SP

今まで取れなかったアタリを取る!感度を極めた沈め釣り専用モデル

 

西海

 

まずは釣研のサイトから引用しましたが、この西海SPは沈め釣り専用の浮力設定というのがウリのウキになります。

 

通常は表示のガン玉装着で浮力設定ギリギリなどが多いですが、このウキは表示のガン玉を付けると仕掛けの重さと合わせて沈み始めるというウキです。

 

浮力設定が沈め釣り専用なので、仕掛けの『立ち』を把握しやすくなっていますし、付けエサの有無も確認しやすくなっています。

 

また特徴としては高重心ウキになっているので、水面下の状況も解りやすくなっています。

 

引き込み方向への素早い反応の工夫が凝らされています。

 

カラーリングは仕掛けの傾きを素早く視認確認するために宮原浩氏がこだわってプロデュースしています。

 

⇒楽天市場でチェック!
⇒アマゾンでチェック!
⇒ヤフーショッピングでチェック!

ジャイロ-N LC

高感度で定評のジャイロ−Nに待望の遠投モデルがラインナップ

 

ジャイロ-N LC

 

このジャイロは高感度という事で根強いファンがいますが、そのジャイロの遠投タイプという事です。

 

約3gの重量をアップして0号で11gというので、かなり遠投性は出たと言えます。

 

高感度のまま遠投が狙える感じになります。

 

また従来のトップカラー、橙の帯部分、ホワイトの3色カラーで傾斜角度を見れるのは嬉しいところです。

 

感度もφ2mm上下リング+φ2.5mmセンターパイプのフリクションゼロシステムで高感度になっているので、ウキ止めなしでもバッチリとアタリをとれます。

 

⇒楽天市場でチェック!
⇒アマゾンでチェック!
⇒ヤフーショッピングでチェック!

アールジー プラス テクニカル R-G+ TECHNICAL

喰い渋りに勝つ!小粒ボディに高重心構造がドッキング

 

R-G+ TECHNICAL

 

このウキのコンセプトが小粒で高重心というのがウリのウキです。

 

厳寒期の食い渋りの渋々の時に使いたくなるウキです。

 

オモリの位置は中央部付近の高重心なので、低活性時によくある横方向の小さなアタリもとりやすいと言えます。

 

ウキ止め無しでも高感度ウキなのでしっかりとアタリがとれます。

 

⇒楽天市場でチェック!
⇒ヤフーショッピングでチェック!

アールジー プラス R-G+

視認性と喰い込み性能に優れた「超」レギュラーモデル

 

アールジー プラス

 

円錐ウキは色々な特徴があるものが多いですが、このウキはその中で最もオーソドックスをうたったウキです。

 

基本のキみたいなレギュラータイプです。

 

その分、色々な状況にも対応しやすい汎用性が高くなっているので、初めての釣り場などで無難に攻める時に使いたいウキとも言えます。

 

トップ形状は肩が張っているので、水中に入ると浮き上がりにくい抑え効果があります。

 

⇒楽天市場でチェック!
⇒アマゾンでチェック!
⇒ヤフーショッピングでチェック!

釣研の2019年の新作から使ってみたいと思うウキはありましたか?

 

私はついつい保守派なので、釣り場に着いたらまずは使い慣れたマイレギュラーウキから使ってしまいます。

 

ある程度釣果を得てから色々と試すと言うのがいつものパターンです。

 

新しいウキが出れるとワクワクはしますね。