釣研 ジャイロ-N LCのレビュー

釣研 ジャイロ-N LCのレビュー

このジャイロ-N LCは2019年の新モデルとして発売されましたが、ジャイロ-N自体は以前からありました。

 

ジャイロ-N自

何が違うのかというと、ジャイロ-Nの遠投モデルというところです。

 

まずジャイロ-Nはと言うと、永島義郎氏プロディーズで特徴あるカラーと形状、そして高感度として人気があるウキです。

 

遠投設計

そのジャイロ-Nの高感度は活かしたまま、0号で約11gに重量を上げたので、遠くのポイントまでダイレクトで狙える遠投性が増したのがこのウキです。

 

11gあるので大き目のツケエや多少の向かい風でも狙った遠投ポイントにも攻略する事が容易になりました。

 

カラー

このウキは3色のカラーなので、ボディーの水面傾斜によって見え方が違うので、前アタリやエサ取りのイタズラなども解りやすいです。

 

ゼロシステム

センターパイプの幅が2.5oに対して上下を2oにしているフリクションゼロシステム搭載なので、ウキ止めなしでもアタリが解る高感度となっています。

 

これによって遠投の全遊動がやりやすくなっているので、高感度でありながら自然な糸落ちを両立しています。

 

浮力は8種類で、価格は参考1,800円です。

動画

ジャイロを動画で見てみると、どんな風に見えるのかやアタリの雰囲気が解ります。

 

⇒楽天市場でチェック!
⇒アマゾンでチェック!
⇒ヤフーショッピングでチェック!